にんにくの臭いはあったほうが身体に良い

にんにくの臭いはあったほうが身体に良い

にんにくといえば、独特の香りのある野菜です。
この香りは食欲をそそる効果もあり様々な料理に風味付けとして利用されるものですが、食べるときは美味しくてもその後は口臭や体臭となってしまい困ったことになるものです。
臭いが気にならないと言われているにんにく卵黄も、原料ににんにくを使用している以上その臭いからは逃れることができません。
飲む時はカプセルに包まれているので無臭かすこし臭う程度ですが、胃の中でカプセルが溶けるとある程度口臭となって現れる場合があります。
無臭にんにくを原料にすれば臭いが出ることはないのでしょうが、にんにく卵黄が「にんにく卵黄」であるためには、この臭いはどうしても必要なものなのです。
この臭いの正体は「アリシン」という成分で、最初は「アリイン」という物質でにんにくの中に存在しています。
この状態では独特の匂いは発していませんが、にんにくを切ったり、すりおろしたりすると科学反応を起こしてアリシンとなり、独特の臭いを発生させてしまいます。
アリシンは加熱や時間経過で徐々に失われていくので、にんにく卵黄の加工段階である程度はなくなりますが、それでも効果を得られる程度の成分は残るので臭いはどうしても残ってしまいます。
エチケット面では「悪者」となるアリシンですが、強い抗菌力を持ち、抗酸化作用、抗炎症作用等の他にコレステロールの抑制効果を望むことができる健康に役立つ成分です。
また、ビタミンB1との相性が良く、ビタミンB1とアリシンが結合することでアリチアミンというビタミンB1と同じく糖をエネルギーに変える効果を持つ物質に変化します。
アリチアミンはビタミンB1と違い吸収率が非常に良いので、素早く体内へ入り込み血液中に長い時間留まることが出来るので、その分エネルギー代謝が活発になり疲労回復等の効果も得られやすくなります。
ビタミンB1はにんにくにも多く含まれていますが、卵黄にはにんにくを超える量が含まれているので、両方の素材の持つビタミンB1を効果的に身体に取り入れるためには臭いの元であるアリシンが必要不可欠なのです。
更にアリシンは卵黄に含まれる脂質とも結合して、「脂質アリシン」という物質に変化します。
脂質アリシンはビタミンEと同様の効果を持ち、血行促進や抗酸化作用をもたらします。
にんにくにはアリシン以外の健康成分も含まれていますが、アリシンがなければ「にんにく卵黄」として成り立たないので、アリシンを取り去り臭いを無くすことはできません。
健康成分を活かす為には仕方のないことなので、にんにく卵黄を飲んだあとの臭いは我慢するしかありません。

どうしても気になるのならコンビニエンスストア等で得られている胃の中で溶けるタイプの消臭カプセルで消すことができます。
但し臭い自体はそれほど強くないので、にんにくの臭いを消すことが出来るコーヒーやお茶を濃い目に入れて飲むか、牛乳と一緒に飲むと十分臭いを和らげることができます。