アレルギーがある人は

アレルギーがある人は

にんにく卵黄はその名の通り「にんにく」と「卵」が原料です。
にんにくにはアリシンというにんにくの独特な香り成分を持つものが大量に含まれていて、強い殺菌能力をこのアリシンは分解されると二硫化アリルという成分に変化します。
このニ硫化アリルはアレルゲンの1つで、健康な人がアリシンを摂取すれば免疫力を高める等の健康に役立つの効果を期待出来るのですが、にんにくアレルギーを持つ人がにんにくを食べてしまったり、匂いを嗅いだりするとアレルギー症状を起こしてしまいます。
にんにく卵黄に加工をするときにある程度のアリシンは失われますが、それでもアレルギーを起こすくらいの成分量は十分に含まれているので、にんにくアレルギーを持つ人が飲んでしまった場合は症状が現れます。
卵アレルギーを持つ人も同様で、材料に卵黄が含まれるので飲むとアレルギー症状を引き起こします。
卵アレルギーは卵黄にだけ反応する人、卵白だけに反応する人が存在しますが、例え卵白にだけアレルギー反応が起きる人でも卵黄と卵白が完全に分離されていないと成分中に卵白が残る場合もありますし、卵白のアレルゲンであるオボムコイドというタンパク質は水に溶けやすいので、卵黄に移る可能性もあります。
にんにくと卵にアレルギーがある人が飲むのは非常に高いリスクがあるので飲まない方が安全です。
ただし商品名が「にんにく卵黄」とストレートなせいもあり、卵アレルギーやにんにくアレルギーを持つ人なら商品名を見ただけで「飲んではいけない」とわかるので、アレルギーを持つ人が自分の意志で飲むことはまず無いと言えます。
しかしこれが落とし穴で、商品によってはにんにくと卵以外にもアレルギー物質が含まれている場合があるので原材料を良く確認しないと危険です。
代表的なものはゼラチンで、ソフトカプセルの部分がゼラチンでできている為にゼラチンアレルギーを持つ人が飲むと危険です。
また、原料にすっぽんや大豆由来のレシチン、とうもろこし等のアレルギーの元となるものが使用されている場合も多く、症状が起きると命にかかわるような重篤な状態に陥る可能性もあるので、食物アレルギーのある人は必ず原材料を確認し、分からない場合は製造元へ問い合わせる等で情報を集め、その情報を持ってかかりつけの医師に相談してから飲むようにして下さい。