JHFAマーク

JHFAマーク

JHFAマークは公益財団法人日本健康栄養食品協会が認定した商品にのみつけることが出来る一種の認定証のようなものです。
にんにく卵黄にも少数ですがJHFAマークをつけている製品が存在します。
このマークを表示するためには製造メーカーが申請をして、審査を受けて通過しなければなりません。
審査段階で何か問題があった場合はその問題を解決しない限り表示許可が降りないので、このマークがついているにんにく卵黄は成分も品質も健康補助食品としての基準を満たしているものです。
JHFAマークには幾つかのカテゴリがあり、にんにく卵黄の場合はにんにく食品として認定されてるものです。
にんにく食品としての認定を受ける場合は、製品中に含まれるにんいくの割合や、にんにくに含まれる成分の含有量を基準値以上にしなければならず、残留農薬や大腸菌を検出してはいけない等の安全面の基準もクリアしなければなりません。
原料はもとより製造ラインの衛生面等徹底した管理がないと取得ができない認可です。
JHFAマークの表示があるにんにく卵黄は成分も安全も保証された信頼出来る商品と言えます。
しかしにんにく卵黄全体で見ると、あまりJHFAマークをつけている商品は見られません。
これには「表示料」の問題があるようです。
JHFAマークを表示する場合は規定の表示料を支払わなければならず、上限金額はあるようですがその表示料は製造メーカーとしては販売価格に転嫁することになり、製品の販売価格が高くなります。
出来るだけ安く販売するために認可を受けていない製品も多いので、JHFAマークのないにんにく卵黄が劣っているというわけではありませんが、中には粗悪なものがあるのもまた事実なので、成分も品質も確実なものを求めるのならJHFAマークの有無を基準ににんにく卵黄を選ぶのも良い手段です。
成分や品質が明確な分多少価格が高めになることもありますが、定期コース等を利用するなどの工夫をすれば多少節約をすることも出来るでしょう。