コレステロールが高い人は

コレステロールが高い人は

にんにく卵黄の原材料には、商品名が示す通り「卵黄」が含まれています。
卵黄にはビタミンB1やビタミンE、良質のタンパク質など健康に役立つ生お分が多数含まれていますが、いわば「油の塊」のようなものでもあるので、多くのコレステロールを含んでいる食品です。
その為にんにく卵黄にもコレステロールが含まれています。
しかしコレステロール値の高い人ににんにく卵黄が向いていないのかといえばそうとも言えません。
コレステロールと言っても、LDLコレステロールとHDLコレステロールの2つがあり、動脈硬化や高脂血症といった成人病を引き起こすのは悪玉と言われているLDLコレステロールです。
このLDLコレステロールも生命維持には必要なものですが、多くなりすぎると血管をつまらせたりする厄介なものです。
卵を食べると増えると言われることも多いのですが、実際は卵を食べたとしても数値が増えることはありません。
また、例え凝縮されているとは言えにんにく卵黄は1日に2カプセルを飲むというのが一般的で、コレステロールが含まれるといっても2カプセル中に大量に含まれているというわけでもありません、更に卵にはレシチンという成分が含まれていて、血液中の脂肪を代謝させてコレステロール値を正常にする働きを持っているので、レシチンにより脂肪の代謝が円滑に進めば、体内のコレステロール値も下がっていきます。
にんにく卵黄は薬ではないのでコレステロール値を正常にする様な働きを求めるのは難しいのですが、にんにく卵黄を飲み続けることでコレステロール値をある程度下げる効果を望めるのは事実です。
また、卵にはレシチンの他にリノール酸等の不飽和脂肪酸と言われる不要なLDLコレステロールの排出を助けてくれる成分があるので、にんにく卵黄を長く続けることで血液を正常な状態に近づけることも期待できます。
このレシチンや不飽和脂肪酸の働きにより、卵を食べたとしてもLDLコレステロールを減らすことはあっても増えると言ったことは考えづらく、LDLコレステロール値が高い人も卵を原料とするにんにく卵黄を飲むことに問題はありません。
但し1日の目安を大きく超えた数を飲んだり、体質や体調、その他の疾患などの状態によってはコレステロール値が増加することもある様なので、コレステロール値に不安がある人はかかりつけの医師に相談の上説明書きにある用量を守り、病院で定期的な診断を受ける様にして下さい。