飲み過ぎに注意

飲み過ぎに注意

にんにく卵黄は健康食品です。
食品なので副作用の心配はあまりないのですが、過剰に飲み過ぎると体調を崩す恐れがあります。
にんにく卵黄というほどですから、にんにくが使われています。
このにんにくが問題で、臭い成分であるアリシンを取り過ぎると胃と腸に問題を起こすことがあります。
アリシンは臭いこそ酷いのですが、強力な殺菌作用をもったにんにく卵黄には欠かせない成分です。
適量なら免疫昨日の強化や脂肪の代謝を促進するといった効果があるのですが、過剰摂取すると胃の粘膜にダメージを与え炎症を起こしてしまいます。
アリシンによる胃壁の刺激は想像以上に強烈で、状態が酷いとかなりの苦しみを伴います。
また、腸内細菌を善玉、悪玉問わず無差別に殺してしまうので一気に腸内環境が悪化し、便秘等の原因になったり、腸内細菌が減ることでビタミンB6の生産ができなくなり脚気になることもあります。
身体には異常あなかったとしても、にんにく卵黄を一度にたくさん飲めばそれだけ沢山のにんにくも身体に入るので体臭や口臭にそのまま現れます。
もっとひどい症状になると身体が一時的に血を作りにくい状態になることがあり、疲労物質を代謝することもできなくなるので疲れやすく、一度疲れると中々回復しないという状態になることもあります。
いくら食品とは言っても限度はあります。
飲み過ぎればなんでも毒になるのは当たり前のことなので、説明にある目安量を守って下さい。
多少の増減は問題ありませんが、効果を求めて沢山飲んでも身体を壊すだけです。