にんにく卵黄の成分 アリシン

にんにく卵黄の成分 アリシン

アリシンはにんにくの特徴的な臭いの原因になっている成分です。
アリシン自体はにんにくの中にさほど含まれていないのですが、にんにくを刻んだりすりおろしたりするとアリシンの元になる「アイリン」という成分が変化して一気に生成され、にんにくの強烈な臭いが出てきます。
にんにくの独特の臭いは料理の風味付けとしてよく利用されるものですが、一方ではその強烈な臭いによりエチケットやマナー面でマイナスとなるので嫌煙されるものです。
しかし身体にとってこの臭いの元であるアリシンは非常に有用な成分です。
非常に強い殺菌力を持つ成分で、病原性大腸菌やピロリ菌等も殺菌してしまうほど強烈な強さを持っています。
例え人間でも一度に多くのアリシンを摂取してしまうと胃粘膜を傷つけて胃痛を伴う胃腸障害を起すこともあり、更に強い殺菌作用が仇となり腸内細菌を殺して腸内環境を悪化させ、皮膚のトラブルや口内炎を起こすこともあります。
適正な量であれば血行促進や咳の緩和、気管支炎予防等の効果もあるので風邪をひいた時などに最適な成分です。
アリシンには殺菌効果等の直接的な作用の他に大きな働きがあり、ビタミンB1と脂質との相性が非常に良く、両者と結びつくことで高い健康効果を生み出します。
ビタミンB1はそのままの状態だとなかなか身体に取り込まれることがないのですが、アリシンと結びつくことでアリチアミンという成分に変化します。
アリチアミンはビタミンB1と同じく糖の代謝を活性化させエネルギー効率を上げる働きがありますが、身体が吸収しやすく長い時間血液中にとどまるので通常のビタミンB1を摂取するより高い効果を発揮し、疲労回復に役立ちます。
脂質と結びつくと脂質アリシンに変化し、抗酸化作用を持つビタミンEのような機能を持つようになります。
にんにく卵黄には原料であるにんにくの中にビタミンB1が、卵黄にはビタミンB1に加え脂質も多く含まれているので、にんにく卵黄を飲むことでアリチアミン、脂質アリシンを同時に身体に取り入れることができます。
アリシンの臭いは人によって苦手な人もいますが、にんにく卵黄にはどうしても必要な成分なので取り省くことはできません。
臭いがどうしても苦手だという場合は、顆粒や丸薬のものは臭いが強く出るので避けたほうが良いでしょう。
ソフトカプセルやハードカプセルのものが臭いが少ないのでお勧めです。